下肢CTA(下肢の血管)の解剖は?

下肢CTAの解剖は次のようになります。

下肢CTAの動脈の解剖

腹部大動脈→総腸骨動脈→大腿動脈→膝窩動脈→(3分枝)→前脛骨動脈、腓骨動脈、後脛骨動脈 →足へという流れで血管の名前は変わっていきます。

※大腿動脈と一緒に大腿深動脈

下肢CTAのレポートに記載すること

  • 部位、長さ、狭窄の程度、側副血行路:増生の有無と程度
  • 狭窄の程度の表現:軽度、中等度、高度の狭窄、閉塞
  • 広い範囲で血管内腔の凹凸が見られる場合:「広狭不整」と表現する。
  • 病変の範囲はcmで測定記載する。
  • 極めて短い範囲の狭窄は (ultra) short segment stenosisと表現する。
  • MRAでは狭窄所見が過大表示(over estimate)される傾向にある。
  • →狭窄血管内の血流信号がほとんど見えない症例でも、周囲に側副血行路がほとんど見られない場合は、完全閉塞ではなく高度狭窄の方が多い。

下肢動脈の径と流速の関係

下肢の動脈の径と流速の関係は次の通り。

下肢動脈 流速
大腿動脈 10mm 0.8~1.2m/s
膝窩動脈 5mm 0.5~0.7m/s
後脛骨動脈 2mm 0.4~0.6m/s
足背動脈 2mm 0.3~0.5m/s

 

Fontaine分類とは?

  • Ⅰ度:無症状、冷感、しびれ感
  • Ⅱ度:間欠性跛行、安静時無症状 →手術療法の相対的適応
  • Ⅲ度:安静時疼痛
  • Ⅳ度:潰瘍、壊死 →Ⅲ、Ⅳ度は手術療法の絶対的適応

スポンサーリンク

関連記事はこちら