下垂体卒中 pituitary apoplexy

・下垂体の血管障害にて、突然の頭痛、視力障害、眼痛、眼筋麻痺、意識障害などを来す症候群。

・出血のみならず、梗塞も含まれる。

・下垂体卒中を来しやすい基礎疾患として、下垂体腺腫(最多)、妊娠中、分娩後、高血圧、易出血性などがある。

・負荷試験が発症を誘発することがある。特にLH-RH,TRH,インスリン負荷試験での報告例が多い。

・治療は、手術で速やかに出血、梗塞部位を摘出する。特に視神経障害が進行する場合は手術を考慮。

下垂体卒中の画像所見

・CTやMRIでの吸収値や信号は出血の有無や出血の時期によってさまざま

・造影されないことが特徴である。造影されても周囲の被膜のみ。

・ただし、単純CTでは指摘できないこともあり、疑う場合にはMRの撮影が必要。

・早期よりDWIにて高信号、ADCにて信号低下ありと報告あり。Pituitary Apoplexy: Early Detection with Diffusion-Weighted MR Imaging,AJNR 2002 23: 1240-1245

・出血成分の検出にはT2*WIも有用。

・出血による二ボーを認めることもある。

pituitary apoplexy

Pituitary Apoplexy: Early Detection with Diffusion-Weighted MR Imaging,AJNR 2002 23: 1240-1245より引用。DWIが有用な症例。



関連記事はこちら