Sponsored Link

滑膜ヒダ(タナ)障害とは?

・膝関節は発生途中でいくつかの滑膜による隔壁により分割されているが、生下時には単一の関節腔となる。この滑膜隔壁の遺残が滑膜ヒダ(タナ)といわれる。

頻度の高いものに

  • 膝蓋上ヒダ(suprapatellar plica)
  • 内側ヒダ(mediopatellar plica)
  • 膝蓋下ヒダ(infrapatellar plica)

がある。

Sponsored Link

いずれも正常構造であり、薄く柔軟性に富み、臨床的に問題とはならない。関節鏡で観察すると白色の膜様構造として見られる。

・しかし繰り返す機械的刺激などにより反応性滑膜炎が生じ、ヒダの肥厚や瘢痕化が進行すると症状が出現する。

膝蓋上ヒダ(suprapatellar plica)

・ほぼすべての正常膝に認められ、膝蓋上腔と固有関節腔を分ける。

・発達した遺残膝蓋上ヒダにより膝蓋上腔が閉鎖され、さらに外傷、感染、出血などにより膝蓋上腔に液体貯留が促進されることにより、膝蓋上部に皮下腫瘤を触れることがある。

内側滑膜ヒダ(mediopatellar plica)

・膝関節腔の内側を走向する滑膜ヒダ。

MRI横断画像で高頻度に認められる。

・関節液が少ないと認識されないこともある。

・外側の滑膜ヒダはまれである。

・大きな内側ヒダはタナ(shelf)と呼ばれ、膝蓋大腿関節に挟み込まれ、クリックや疼痛を来し、重度の場合にはロッキングを来たし、いわゆる「タナ障害」を発生する。

画像で肥厚した内側滑膜ヒダが見えても、必ずしも臨床症状に一致せず、MRIでのタナ障害の確定診断は困難。

MRIで内側滑膜ヒダは、横断像で内腔へ張り出す。T2強調像で低信号の索状・帯状物として見られる。

症例 40歳代女性 右膝の痛み

mediopatellar plica

T2WIの横断像にて、内側滑膜ヒダを認めており、肥厚あり。関節内水腫あり。内側滑膜ヒダのタナ障害が疑われた。

膝蓋下ヒダ(infrapatellar plica)

・前十字靭帯の前方に位置し大腿雁骨関節腔を左右に振り分けるように存在し、膝蓋下脂肪体と順間窩前方を連絡する。

・膝蓋下脂肪体(Hoffa‘s fat pad)をつり上げる役割といわれる。

・膝関節鏡施行時に高頻度で認められ、操作に支障をきたす場合は切除(穿破)することもある。

・3つの滑膜ヒダのうちMRIで認識できる頻度は低い。

・前十字靭帯の前方頭側をほぼ平行に走向する薄い索状物としてまれに見られる。

・臨床的に問題となることは少ないが、まれにその腫脹により膝伸展障害をきたすことがある.

 

Sponsored Link

 

関連記事はこちら