2012年放射線科専門医過去問診断56−60

問題はこちらから参照して下さい。

Sponsored Links

スライド26

56,e

a 石灰化は悪性化の指標である。× 指標とはならないが、悪性を疑う所見ではある。

b multilocular cystic nephroma は女児に好発する。× 男児と女性。好発年齢は4歳以下または30歳以上という二峰性の分布を示す。発生頻度は4歳以下では約2倍男児に多く(CPDNが多い), 30歳以上では約8倍女‘性に多い(CNが多い)。 4~30歳に発生するものは約5%である。

c 遺伝性の多発囊胞腎には腎癌が合併しやすい。× 後天性ほど高くない。

d 囊胞性腎癌は通常型腎癌よりも予後不良である。 × 嚢胞性腎癌の細胞の組織学的悪性度 はgrade 1とされ,予後は良好である。

e CT で高吸収を示す径 3 cm 以上の囊胞は経過観察とすべきである。○ Bosniak分類のカテゴリーⅡF(フォロー)は3つ以上の薄い隔壁、最小限の造影効果、3cm以上の高吸収嚢胞。


 

スライド29

57,c

a 浸潤性発育が多い。× 偽被膜を有する

b 乏血性のものは5%以下である。×もっとある。

c 遠隔転移の臓器は肺が最も多い。○

d MRIで脂質を認めるのは5%以下である。× 脂質を含む通常型が70%なので、MRでわかるものは少なくとも5%どころではない。

e 質的診断が困難な径2cm以下の腫瘤は,腎細胞癌として手術すべきである。×


 

Sponsored Links

スライド31

58,b,e

a 腺腫の CT 値は 20 H.U. 以上である。× 副腎腺腫の1つであり、脂肪を含有するため単純CTでCT値は10HU以下である

b 高血圧症の原因の 10% 以上を占める。○ これまで0.1〜1%とされてきたが、最近は5%-10%を占めるとの報告もある。他の選択肢の関係でこれが○か。

c 多発性内分泌腫瘍(MEN)と関連が深い。×

d わが国では副腎過形成が原因として最も多い。× 片側性の腺腫が多い(74%)。特発性が20%

e 診断には副腎静脈血サンプリングが有用である。○

スライド34

59,d 胆囊壁肥厚 ○

※急性胆嚢炎の超音波所見
①胆嚢腫大,
②壁肥厚,
③内腔のfine echo(細かいエコ ー)が基本的な所見である。


 

Sponsored Links
スライド36

60,a,e?

a 胆囊癌の合併 ×〜△? これを選ばせようとしてる?

b 胆囊周囲腹水 ×

c 肝門部リンパ節腫大 ×

d 胆囊壁周囲脂肪増生 ×

e Rokitansky-Aschoff 洞拡張 ○

Sponsored Links

61-65

2012年問題のトップに戻る