2012年放射線科専門医過去問診断51−55

問題はこちらから参照して下さい。

Sponsored Links

スライド06

51,e 小腸穿孔 ○

 

スライド08
Sponsored Links

52,b

a 胃に好発する。○ 胃が60〜70%

b 転移の中ではリンパ節転移が多い。 × リンパ節転移は稀。播種が多い。

c 食道においては平滑筋腫のほうが多い。○

d 5 cm を超えるものは絶対的手術適応となる。○ 臨床的には腫瘍径2cm以上は相対的手術適応,5cm以上は積極的(絶対的)手術適応。病理組織所見が術前に得られたならば,≧5/50HPFは相対的手術適応,≧10/50HPFは積極的(絶対的)手術適応。

e 転移,再発症例には分子標的治療薬が試みられる。○ イマチニブ。

GISTとは

・GISTは消化管壁から発生する間葉系腫瘍の約80%を占める一群。

・Cajal(カハール)介在細胞に見られるチロシンキナーゼ受容体であるKIT(c-kit遺伝子にコードされる受容体チロシンキナーゼ)and/or CD34を発現することを特徴とする。

・GISTの発症頻度は人口100万人あたり20人/年と推定されている。

・男女差はなく、40歳代以降の中高年に好発し、特に50~60歳代が最も多く、小児には非常にまれである。

・GISTの相対的頻度は全消化管腫瘍の0.2~0.5%程度と考えられる。 消化管全体の間葉系腫瘍のうち、GISTは80%近くを占め、平滑筋腫瘍が10~20%、神経原性腫瘍が5%程度と考えられている。

・GISTの臓器別発生頻度は胃が60~70%と最多で、小腸20~ 30%、大腸5%、食道5%と続く。

・稀には腸間膜や後腹膜から発生することも知られている。

・広義のGIST:胃腸管の紡錘形細胞ないし類上皮細胞からなる非上皮性腫瘍。

・狭義のGIST:筋原性・神経原性マーカー陰性のもの。

・組織学的に紡錘形細胞型(spindle type 77%)、類上皮細胞型(epithelioid type 8%)、混合型(mixed type 15%)に分類される。

・潜在的な悪性腫瘍であるが、悪性経過をたどるのは30%。

転移は主に血行性で肝が主、リンパ節転移は稀。播種は起こる

スライド12 Sponsored Links


 

スライド13

53,e

a continuous diaphragm sign × 縦隔気腫

b incomplete border sign × 陰影の一部のみ鮮明な辺縁を示すもの。腫瘤が胸壁の軟部組織に連続する部分で消失するサイン。胸壁病変を示唆する所見。

c deep sulcus sign × 気胸

d angel wings sign × 気縦隔

e football sign ○

 


スライド22

54,e

a 多発性硬化症 上位。

b 脊髄星細胞腫 上位。

c 脊髄空洞症 上位。

d 脊髄梗塞  上位。

e 糖尿病 ○ 下位。弛緩性神経因性膀胱

スライド23


スライド24

55,c,d

a スクリーニングとしての使用が推奨されている。×

b 生検による出血の影響はほとんど受けない。×

c 造影検査は精囊浸潤の評価に有用である。○

d T1 強調像は骨転移の評価に有用である。○

e 移行域癌の診断はできない。×

Sponsored Links

56-60

2012年問題のトップに戻る