問題はこちらから参照して下さい。

 

a Behçet 病 ×

b 高安動脈炎 ×

c 気管支閉鎖症 ○

d 慢性閉塞性肺疾患 ○

e 慢性肺血栓塞栓症 × ミスマッチ。血流が落ちる。

※肺気腫や慢性気管支炎など気道系の病気では、病変部位では換気と血流の両方が低下する(換気血流がマッチする)。これは、肺血流が換気によって調節されているから。

※ミスマッチ→血管病変を選ぶ。 ※マッチ→気道病変を選ぶ。


 

e パーキンソン病で心集積が低下する。○ PDでH/M比の低下を認める。

 

 

a 99mTc-DMSA ○腎静態シンチ。子供、VURによる瘢痕とか。Seitai

b 99mTc-DTPA ○腎動態シンチ。GFR。DouTai

c 99mTc-MAA ×肺血流。マクロなアルブミンが肺の毛細血管でひっかかる。

d 99mTc-MIBI ×安静心筋。副甲状腺腫(2011保険適応)。

e 99mTc-PMT ×肝胆道系。

 

Sponsored Links

 

a  99mTc-phytate(フチン酸シンチ) を静注する。×  網内系貪食(kupper細胞)を画像化する。アシアロシンチは99mTc-GSA。

b  胆囊機能や胆道の通過性を評価する。× 99mTc-PMTのこと。

c  肝予備能低下で心プールの描出が持続する。○

d  定量的指標として HH15 や LHL15 が用いられる。 ○

e  用いる放射性医薬品は肝の Kupffer 細胞に取り込まれる。× これはフチン酸シンチ。クッパー→クップァー。

肝受容体シンチグラフィ(アシアロシンチ)

・肝機能障害 →心臓に停滞して、肝に取り込まれない。 →心での集積↑、肝での集積↓

・HH15=H15/H3 (H3は3分後に心に集積)15分経っても心への集積が多ければ、肝機能障害あって心に停滞していることを意味する。つまり、この値は低い方が正常。<0.61

・LHL15=L15/H15+L15 15分経っても心へ停滞多ければ分母が大きくなり、値は小さくなる。なので値は大きいほうがよい。>0.91

肝胆のシンチまとめ

・網内系貪食(kupper細胞):フチン酸 99mTc-phytate

・肝細胞(受容体):アシアロシンチ 99mTc-GSA

・胆道系:99mTc-PMT


 

Sponsored Links

 

b 神経鞘腫 ×

MIBG

・MIBGは、norepinephrineの類似物質。

・Amine precursor uptake and decarboxylation(APUD)系腫瘍はカテコラミンを産生する性質があるため、MIBGを取り込む。

・APUD系腫瘍:褐色細胞腫、神経芽腫、甲状腺髄様癌、カルチノイド

Sponsored Links

81-85

2012年問題のトップに戻る