問題はこちらから参照して下さい。
Sponsored Links

 

 

a  11C PET製剤 10分

b  13N PET製剤 20分

c  99mTc 6時間

d  131I 8日 ○

e  201Tl 74時間

 

 


 

 

 

a 18F-FDG PET ―――下剤投与 × 6時間以上の絶食。1時間以上の安息休息。検査前に排尿。

b 99mTc-MAG3 腎動態シンチグラフィ――飲 水 ○

c 99mTc-ECD 脳血流 SPECT ――ヨードブロック×。ヨード制限は131I。

d 201Tl 安静時心筋 SPECT――カフェイン禁止 ×。特になし。カフェイン禁止は、心臓の薬剤負荷シンチ。

e  ガリウムシンチグラフィ ――絶 食× 下剤投与で大腸内の糞便を除去。

 


 

Sponsored Links

e イメージインテンシファイア × 透視の機械。

スライド17

 

 

a 陽電子を検出する。× 消滅γ線

b SPECT より感度が低い。×高い。

c 同時計数回路を用いる。 ○

d 2核種同時収集が可能である。 × dual 心筋シンチ

e CT を用いて減弱補正を行うことができる。○

 


 

Sponsored Links

 

 

a 99mTc-ECD ――脳酸素代謝率 × 脳血流量

b 99mTc-HMPAO ――脳腫瘍悪性度 ×脳血流量

c 111In-DTPA ――てんかん焦点 × 脳脊髄液腔病変

d 123I-IMP ――内頸動脈内膜剥離術後の過灌流 ○99mTc-ECD では、 見られない事に注意。

e 123I-iomazenil――脳血液量× てんかん焦点部位診断薬。

 

Sponsored Links

76-80

2012年問題のトップに戻る