Sponsored Links

問題はこちらから参照して下さい。

スライド101

 

a spiculation ×

b 梁柱の肥厚 × リンパ性,静脈性の浮腫による乳腺間質の浮腫の所見である。本所見は積極的にカテゴリーに関与するものではない.他の所見に付随する場合にはその所見により判定する。

c 構築の乱れ ×

d 低濃度の腫瘤 ○ 嚢胞内癌あるいは粘液癌を代表とする限 局性で比較的濃度の低い癌のこともありうるが、通常は良性。

e 石灰乳石灰化 ○ 大小の嚢胞内にカルシウムが析出・沈殿したものによる特徴的な石灰化である。側方向では水平面を形成するのが観察され,嚢胞の大きさにより線状・ 三日月状・半月状を呈する。


 

スライド105

 

 

a 胎便吸引症候群 ○ 出生直後より呼吸器症状が出現。

b Wilson-Mikity 症候群 × 未成熟な肺をもつ極低出生体重児に生後2~3週に発生する遷延性の呼吸障害。Wilson‐Mikity は内因性の慢性肺疾患。

c 先天性肺葉性肺気腫 ○ 肺の中の1つの肺葉が、風船のようにふくらんで(気管支壁がチェックバルブとなる)、ほかの肺葉を圧迫するため、呼吸ができなくなる。ほとんどの場合、新生児期に発病して死亡するが、まれに大きくなってから、膿がたまったりして見つかる場合もある。

d 先天性横隔膜ヘルニア ○

e 特発性呼吸促迫症候群 ○

 


 

スライド107

 

 

a 肩甲骨骨折は特異度が高い。○

b 骨膜下骨化は新生児で現れやすい。○骨膜下骨新生のこと。骨から剥離した骨膜の内側に生じる新生骨。外傷による骨膜剥離や骨膜下出血に続発し、受傷7~14日後に認められる。

c 異なる時期の骨折所見が認められる。○

d 乳幼児揺さぶられ症候群では硬膜外血腫が多い。×硬膜下血腫。Shaken baby syn=網膜出血、硬膜下出血、SAH

e 骨シンチグラフィは不顕性骨折の診断に有用である。○

被虐待児症候群の古典的な所見

①発生時期の異なる複数の骨折の存在。

②多量の骨膜下骨新生像

③骨幹端を含む骨折(coner fracture)  ただし、これは11%程度のみ。

Sponsored Links

スライド109

 

 

a bull’s eye ○ target signと同様。Guidelineには載っていないが。

b doughnut sign ○同様。

c whirlpool sign 軸捻転

d umbrella sign 幽門狭窄

e triangular cord sign 胆道閉鎖。

※他にcrescent-in-doughnut sign,multiple concentric ring signなどとも称される。長軸方向の断面は長円形に描出され、pseudokidney signと称される。

 


 

スライド115

 

 

a 生後 6 カ月までに多い。×6ヶ月〜3歳に多い。

b 急性喉頭蓋炎のことである。× これとの鑑別が重要。急性喉頭蓋炎ならば緊急処置が必要。

c 原因はウィルスが大多数である。○ 上気道炎に続発する。

d “尖塔”様声門下狭小化が見られる。○

e 画像上アデノイドの腫脹が特徴的である。×

クループの画像所見

・クループを疑った場合は頸部単純X線写真側面像がきわめて有用。

・喉頭蓋炎との鑑別が重要。

・側面像では、下咽頭は膨張するものの、喉頭蓋および披裂喉頭蓋ヒダは正常である。もし、この時点で喉頭蓋および 披裂喉頭蓋ヒダの腫脹を認めたら、ただちに処置を開始する。

・吸気時の正面像では声門下狭窄を認める(ペン先様)

 

2011年問題のトップに戻る

Sponsored Links