問題はこちらから参照して下さい。
Sponsored Links

スライド35

 

 

b 99mTc ○

e 133Xe ○ キセノン。他には81mKrガス(クリプトン)が用いられる。換気シンチはこの3つが用いられる。

 


 

スライド37

 

 

a 心不全 ○

b 心筋症 ○

c 糖尿病 ○

d Parkinson 病 ○

e 皮質基底核変性症 × 関係ない。

心臓において交感神経の分布や、活動状態を評価することに使用される。

【適応】心不全、虚血性心疾患、心筋症、不整脈疾患、糖尿病、びまん性レビー小体病(パーキンソン病、レビー小体型認知症)、家族性アミロイドーシス、MSAで低下する。

 


 

Sponsored Links

スライド39

a 89Sr  ○ ストロンチウム。

スライド41

 

 

a 検査前日に下剤を投与する。× 下剤はなし。

b 検査前 2 時間以上絶食する。× 6時間以上。最低4時間以上。

c FDG 静注後は安静を保つ。 ○

d FDG 静注約 3 時間後に撮像する。 × 1時間くらい。半減期110分。

e FDG 静注後は撮像終了まで排尿を控える。× 排尿はどんどんする。

 


 

スライド43

 

 

d 高分化型肝細胞癌  ○ 脱リン酸化酵素を持っているから。これ以外に腎癌を覚えておく。

e 細気管支肺胞上皮癌  ○ すりガラス影なので。

 

2011年問題のトップに戻る

Sponsored Links