ふるさと納税による節税について

寄附をする→お礼の品をもらう→寄附金が控除される≒寄附したお金が戻ってくる。つまり、お礼の品をほぼタダで貰えるということ。
(※ただし最低2000円は負担する。なので=ではなく≒)

[illust_bubble subhead=”具体的な例を挙げると、” align=”right” color=”blue” badge=”check” illst=”check-m2-l”]

10万円寄附をする。
→5万円分のお礼の品を貰う。
→確定申告する。
→10万円近く控除される
=10万円近く戻ってくる。

ということです。なので、5万円分のお礼の品を貰えるということです。

[/illust_bubble]

[illust_bubble subhead=”ならば、” align=”left” color=”red” badge=”kensho” illst=”nayami-w1-l”]寄附をしまくればいいんじゃないですか?[/illust_bubble]

[illust_bubble subhead=”そう思いますけど、” align=”right” color=”blue” badge=”check” illst=”check-m2-l”]年収に応じて、寄附しても控除される額には限度があります。

年収が1,000万円ならば、9万円くらい。

年収が1,500万円ならば、19万円くらい。

年収が2,000万円ならば、27万円くらい。

までならば、2000円を除いて全額返ってきます。

詳しい一覧は、ふるさとチョイスをご覧ください。[/illust_bubble]

[illust_bubble subhead=”なるほど” align=”left” color=”red” badge=”kensho” illst=”normal-w1-l”]これを見て、限度額一杯までふるさと納税すれば、納税額がほぼ返ってきて、さらに、その品物ももらえるわけですね。

知っていると知らないとでは、大きな差ですね。[/illust_bubble]

※もちろん医師でなくても、みんなできる節税方法です。
スポンサードリンク